Posts

柏レイソル 2017新ユニフォーム

柏レイソル 2017新ユニフォーム

Post by sakka knight

柏レイソルは2016シーズン、ミルトン・メンデス監督とともに開幕を迎えたが、いきなり2連敗。まもなくメンデス監督は家族の健康を理由に辞任し、下平隆宏ヘッドコーチが昇格した。すると、中谷進之介や中山雄太といった下部組織出身の若手選手らが抜擢されたチームは調子を上げ、4月から5月にかけてリーグタイ記録の5試合連続完封勝利を達成。最終的には1stステージで7位、2ndステージでも5位という成績を残している。その柏は11月15日、Yonexとのサプライヤー契約を2021年まで更新したことを発表。2017シーズンの新ユニフォームもお披露目した。ホーム(1st)はクラブカラーである黄色を基調に、世界の地平...

サンフレッチェ広島 ジャージー

サンフレッチェ広島 ジャージー

Post by sakka knight

ナイキとサンフレッチェ広島は、2017年シーズンの新しいホーム&アウェイ ジャージーを立ち上げる。2017年にサンフレッチェ広島は25歳の誕生日を迎えて、ファンのは思い出に新しいジャージを喚起します。今シーズンのホーム ユニフォームは、Nike Global Footballにおけるデザインコンセプトである“SUPER NATURAL PERFORMANCE”に基づき、アスリートのパフォーマンスを科学的に分析し、パフォーマンスをサポートするデザイン設計を施しています。正面に2つの対称ストライプを使用する。異なるなストライプが無い時空を超える様な力強さを感じさせるデザインが特徴です。この...

川崎フロンターレ ユニフォーム

川崎フロンターレ ユニフォーム

Post by sakka knight

<川崎フロンターレ ユニフォーム>フィールドプレイヤー及びGKモデルの全デザインに、肩から袖にかけてプーマの伝統的な「アパレルフォームストライプ」を採用。2017年モデルには、この「アパレルフォームストライプ」を従来の切り替えタイプではなく、ドットプリントで表現することで、軽量化と袖内側部分のフィット性を高め、プレイヤーのパフォーマンス向上を実現しています。また、ユニフォームのコンセプトは、今シーズンのキャッチフレーズと同じく『Paint it Blue 』。節目となる20周年を経て、クラブがまた新たな一歩を踏み出すにあたり、もう一度初心に戻り、一体感のある雰囲気を作り上げるための象...

ガンバ大阪 ホーム&アウェイ ジャージ

ガンバ大阪 ホーム&アウェイ ジャージ

Post by sakka knight

ガンバ大阪が2017シーズンの新しいホーム&アウェイ ジャージを発表して、「輝く」というテーマで、新しいジャージーは伝統的な特徴を継承し、新しい光沢のあるデザインも導入しています。ガンバ大阪の新しいホームジャージーは、伝統的な青と黒のスライバーを続け、「KAGAYAKI~大阪から世界へ輝くクラブへ~」をテーマに、青いストライプが「クリスタルパターン」デザインをもたらします。激しいサッカーの試合では、プレイヤーは多くの汗をかく傾向があります。Umbroは、 "BODY-FLEXUM"という革新的なコンセプトを採用する。プレイヤーが自由に運動できるように、脇の下にX型通気性のファブリックを挿入する...

浦和レッド ホーム ジャージー

浦和レッド ホーム ジャージー

Post by sakka knight

ナイキと日本の浦和レッドダイヤモンドチームが2017シーズンの新しいホームとアウェイを立ち上げる。2017年でチームは25歳の誕生日を迎えて、新しいジャージーは、祝賀会と伝統的なクラブを組み合わせであり、新しいチームイメージを作り出します。2017シーズンのホームジャージーはクラブの創立25周年に囲まれてデザインする 。ジャージーの正面には、ローマ数字「XXV(25)」で囲まれ、クラブのサインパターンを巧みに具現しています。12組のラインは、選手とファンの協調的な努力を象徴しています。ジャージーの両側には、ジャージーとショーツの向こう側に黒いストライプがあり、プレイヤーが移動するにつれて、彼ら...